top of page

インドネシア、北スマトラ州の中央部に位置するリントン地区は、トバ湖の南西部に広がるトバ高原にあり、火山地帯で肥沃な土壌が形成されコーヒー栽培に適した土壌となっています。
 マンデリンの産地の中でも高品質な豆を栽培する地域としてこのリントン地区は知られています。

クィーンスマトラは、マンデリンコーヒーが持つ芳醇なコクと香りが際立つ逸品です。特に香りの点で大きな差があり、通常のマンデリンにはない、芳しい香りが強く長く続きます。

 

生産地    インドネシア 北スマトラ リントン地区(トバ湖周辺)
標高    約1,300m
品種    ティピカ種、カティモール種
精選方法    スマトラ式ウェットハル方式

マンデリン クイーンスマトラ

¥600価格
100 g
消費税込み
    bottom of page